ODNの最強流写真館

写真の撮影記や撮影ノウハウなど

カメラ論

オールドレンズvs最新レンズ

うちにはまだフイルム時代の資産がいくらかのこっています。 オリンパスもニコンもキヤノンも。 レンズもありますが、まぁカビたりいろいろとアレですが(^^; そんな中でも使えるレンズに「New FD50mm F1.4」ってキヤノンのレンズがあって。 global.canon マ…

【写真加工】Nik Collectionその2【銀残し】

Nik Collectionを使った銀残しのやり方の解説です。 銀残し、ブリーチバイパスと言われるもので渋い感じのかっこいい感じの。 なんだか語彙力が足りない感じになりましたがw、とりあえず行ってみます。 通常のやり方ですが、 彩度を下げる コントラストを上…

【写真加工】Nik Collectionその1【美肌加工】

Nik Collection https://www.google.com/intl/ja/nikcollection/ フォトショップなどアドビ製品のアクション関連をUI化して使いやすくしたもの、になるのかな。 いろんな処理が自動化されて、ほんとにワンクリックでできてしまいます。 スマホなどのアプリで…

美肌&銀残し加工を簡単にする方法

人物撮影、特にコスプレで必要になる処理があります。 美肌加工 銀残し(バイパスブリーチ) この2つです。 美肌加工はコスプレで撮影したデータに関して言えば必須です。 ポートレート撮影の場合は肌をそのままで、カメラの力なんかを映し出す必要があった…

データバックアップ考察

バックアップ、してますか?(^^; 写真データは現像前のRAWデータがとてもサイズが大きく、カメラによっては1枚で100MBオーバーなんて普通になってきました。 (4億画素とかのカメラなら1GB行くのかなw) うちの編集前のデータを格納しているフォルダの容量を調…

現像の重要性

RAWファイルから現像とフォトショップなどレタッチソフトでの加工。 どちらも画像の修正、加工をしているように思います。 でもやってることがちょっと違うのですよね。 RAW現像カメラが撮影した生データ、つまりRAWデータです。このファイルはパソコンやプ…

新年挨拶と抱負など

新年、あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。 新年の抱負、という感じでもないのですが(^^; 写真を続けてきて、目標になったものがなんとなくわかってきたので、少し認めておきます。 技術を使った普通の写真を撮る 世の中…

RawTherapeeによる現像講座:まとめ

全6回でしたが、RawTherapeeがどんな感じのツールかわかっていただけたでしょうか。内容的には初歩的な部分が多いので、誰もが使える感じになっているかと思います。もっとマニアックなw使い方もたくさんありますので、いろいろ試してみてください。そのう…

【現像】RawTherapee講座 その6 現像とその他

全ての編集が完了したら現像を行います。現像方法はバッチのように連続して行う感じになります。 手順: キューに貯める編集画面の上にサムネイルが表示されていると思います。このサムネイルの歯車のようなアイコン、これをクリックするとキューに写真が登…

【現像】RawTherapee講座 その5 レンズ/ジオメトリ

とりあえずの最後の設定項目に行きます。レンズ/ジオメトリの設定です。 ここでは、 切り抜き リサイズ レンズ/ジオメトリ回転パースペクティブレンズ補正 プロファイル歪曲収差補正色収差補正周辺光量補正 の設定ができます。 切り抜きやリサイズはやりた…

【現像】RawTherapee講座 その4 ホワイトバランスとフィルムシミュレーション

ホワイトバランスですが、これも好みの問題なのでどうしようかなw露出以上に適正ってものがなくって、グレーカードなどを使って合わせてでもいない限り、好きずきでいいのですよね。 とりあえず、RawTherapeeでのカラータブの設定ですが、項目は ホワイトバ…

【現像】RawTherapee講座 その3 シャープ化とノイズ低減

シャープネスの掛け方とノイズ低減ですが、どの程度行うか?これは永遠の課題に近いです(^^; なぜかといえば、写真によって、撮影意図によって変わるから。同じシチュエーションで撮影しても、人によって変わると思います。 あたしの場合、 風景写真:カ…

【現像】RawTherapee講座 その2 露出補正

現像の前に1つ、言い忘れてたことが(^^; RawTherapee、基本的にフリーソフトウェア、無料なんです。 (正確にはカンパウェアです) なので基本無料で使用可能です。 すごいですよね・・・ベース部分はLightRoomと同じソースらしいですよ。 で、RawThera…

【現像】RawTherapee講座 その1 起動と日本語化

RawTherapee、現像でよく使うようになりました。 rawtherapee.comなかなかいいソフトですが、世間的にはあまり話題になりませんね…なんでかな。 と思ったら。やっぱり「難しい」って意見が多いですね。英語ソフトでチュートリアル的なサイトも少なく情報がな…

【現像】RawTherapee講座、始めます

現像ソフト、いろいろあると思います。 PhotoshopのCameraRAW、その上位ソフトのLightroom。 他にもカメラメーカー標準のソフト。 どれももちろんすばらしいソフトなのですが、今回やっていくのは、 RawTherapee: rawtherapee.com です。 このソフト、英語の…

カメラの性能と取捨選択

最近、いくつかのプロカメラマンのYoutube動画とか見させてもらったんですが。 なぜフルサイズが必要なのか?を考えてない人が多いんです。 プロですら適当なこと言うんですよ、「フルサイズだから綺麗」と。 一般のユーザーでもそうですが、 「APS-Cからフ…

ストロボによる人物撮影の解説:白ホリ編

白ホリ編のまとめです。 白い衣装で白い壁、さてどうしましょう?など。モノクロに関しても少し。 odn-photo.hatenadiary.jp 白ホリ撮影方法には大きく分けて2種類あります。 その解説です。 odn-photo.hatenadiary.jp 背景に被写体の影を写さない方法です…

【撮影】白ホリでの撮影方法 その6

今回の撮影のアルバムはこちらからどうぞ♪ odn-photo.hatenadiary.jp 締めにモノクロの解説を。 最初からモノクロを撮るぜ!と意気込むときと。 なーんか見栄えが悪いな・・・モノクロにしてみよう! おっ?なんかかっこいい! ってパターンと2つある気がし…

【撮影】白ホリでの撮影方法 その5

白ホリで白ドレス。 とっても撮影しづらいですw お勉強ということで、今回はこのめんどくさい撮影にトライです。 まず1枚目がこれです。 ストロボは3灯。 メインに顔の上から、フィルインに頭上から白傘で透過。 バックから被写体に向けても1灯、弱く入れ…

【撮影】白ホリでの撮影方法 その4

背景の白のトーンを少し抑えてグレートーンにする。 これで被写体を浮き上がらせたい。 ただ、ポートレートなので出来たら絞りは開放で行きたい。 どうしたらいいか? 方法6:NDフィルター 開放のまま撮影したい場合はNDフィルタを使って露出を強制的に変え…

【撮影】白ホリでの撮影方法 その3

背景を出来るだけ白くしながら、それでも綺麗に撮影するにはどうしたらいいか? 考えていきましょう。 方法4:バランスよくストロボを炊く 正面上にフィルインを入れ、サブを背面に。 互いに影を打ち消すよう、上手く配置すれば綺麗に影が消えます。 ただし…

【撮影】白ホリでの撮影方法 その2

前のストロボ検証でもお話ししたかもですが、 バック(背景側)に影を作らない これが白ホリの鉄則です。 (絶対じゃないですが、求められることも多い) そのために「何を」「どうするか」を考えていきます。 まず1つ目は飛ばして白くしていく方法。 方法1:壁…

【撮影】白ホリでの撮影方法 その1

odn-photo.hatenadiary.jp 前回は黒ホリでの光の使い方をやりましたので、今回は白ホリをば。 白ホリでストロボを使うと光が回りやすく、言い方悪いですが、アラを全部ぶっ飛ばせるのでw、女性撮影では特に喜ばれやすいです。 そんな白ホリですが。 撮影方法…

ストロボによる人物撮影の解説:黒ホリ編

先日の基礎編に続いて、黒ホリ編です。 この回は黒ホリでの撮影方法を解説しています。黒い衣装で黒い背景、さてどうしよう?とw odn-photo.hatenadiary.jp 今回の検証の説明です。とらぶる、いいですよね♪金色の闇&みかん、いつか撮影してみたいですw odn-…

ストロボによる人物撮影の解説:基礎編

白ホリ撮影の解説の前に、いままでのおさらいのページをおこしておきます。まずはストロボによる人物撮影の基礎の解説から。 odn-photo.hatenadiary.jp ストロボ撮影前に知っておくことを解説しています。 odn-photo.hatenadiary.jp 基本の1つ、「レンブラ…

ストロボ実験その6〜その他のテスト

さてさて、まとめに入る前に、アルバムも作ってありますので、よかったらどうぞ。 odn-photo.hatenadiary.jp その他といってもたいしたことはできなかったです。 ・ハイレゾ撮影OM-Dには8枚を高速連写した画像を合成して、5000万画素相当の画像を作り出す機…

ストロボ実験その5〜カラーシフト

今回のメインはこれですw反転式カラーフィルター撮影、「カラーシフト」です。 カラーフィルター入れたストロボにホワイトバランスを合わせて、環境光側の光をカラーフィルターの補色に倒す。 文章で書くと解りにくいですが、要するに「カラーフィルターの光…

ストロボ実験その4〜キッカーの役割

聞きなれない言葉ですよね、キッカー。ストロボの置く場所によって名前が付いてるんですよ。メインは「キー」、後ろは「バック」、真横は「エッジ」、などなど。で、斜め後ろのことを「キッカー」と呼びます。Kicker、サッカー雑誌っぽいですがw、意味は「極…

ストロボ実験その3〜バックの光量

それではバック、つまり被写体の真後ろにストロボを立ててテストします。正面にはメインライトのオパライトが当たっています。 まず、バックのストロボの光量の露出を合わせた状態、1/16に設定し。照射角を35、70、105、200mmと4段階で変えてみます。 1枚の…

ストロボ実験その2〜ストロボの使い方

※今回の実験結果は全て現像のみで加工はしていません。 さて、黒ホリで行うのですが、前回の白ホリメインのときとストロボの使い方を変えます。 メインライトはオパライト、被写体の少し斜め上でできるだけ顔の正面メインライトで顔の影を飛ばしながら、背景…