ODNの最強流写真館

写真の撮影記や撮影ノウハウなど

普通の「素敵な」写真

新年の挨拶にも書いていた、「普通の「素敵な」写真」を撮る。

odn-photo.hatenadiary.jp

 
いろいろ試しているのですが、特にコスプレというジャンルの中だと難しいですね。
なんでしょ、撮影時間の制限やライティングの制限なんかもあったりと。
でもそんな中、こないだの撮影でちょっとそれっぽくできたかな、と感じて。

f:id:poke4wd:20180512015834j:plain

f:id:poke4wd:20180512015916j:plain

 

f:id:poke4wd:20180512015945j:plain

f:id:poke4wd:20180512020006j:plain

この4枚は同じ日、同じカメラ、同じ白ホリで全てストロボ4灯使っています
・・・ストロボ4個も使ってるようには見えないと思いますw
あと撮影方法を変えているので、全部が違う感じの写真になっているのですが、わかりますかね?(^^;
(ちなみにF値は全てF2.8で変えていません!w)
そこがなんとなくですが、目指しているところの1部になっていそうな感覚があります。

 

同じ被写体を同じカメラで同じ時間帯に撮影したら、基本、みんな同じような写真になります。
構図とかもありますが、何気に自分的にはどうでもよくて。
(この辺りは絵描きの感覚がありきなので、普通と考えが違います。
 写真は最終的には構図が全て、というのはわかった上で書いてます(^^;)

 

でも、ライティングだけじゃないけど、普通だけど普通じゃない、抽象的ですが「素敵」な感じ。
それが出せるようになりたいなぁ、と思いながら撮影しています。
もっといろいろできるようになりたいなぁ・・・

 

ではでは。




 

ブロトピ:今日の写真日記

ストロボで太陽光を作る

ストロボを使ったいろんな撮影方法がありますが、今回は「太陽光」っぽいものを作って見ます。

この方法はうまくやれば屋内で陽が差し込むような効果を得ることができるので、コスプレだけでなく女性ポートレートなんかにも役立つかと思います。

 

まず、撮影した場所とストロボの配置です。

f:id:poke4wd:20180504220304j:plain

見ての通りスタジオですw

窓とすかしのカーテンがありますが、その裏側は、ただの白い板です。

ここでスマホでただ撮影すればこんな感じで、ただの教室風なスタジオにしかなりません。

 

ストロボの配置:

  • メイン
    被写体の顔を中心に、顔に対して「」で捉えるように配置します。
    また、デフューズはしたほうがいいです。
    今回はRoundFlash Dishを使っています。
     
  • フィルイン
    メインとクロスするように90度横、斜め上に配置しています。
    光量は抑えめで大丈夫です。
    アンブレラで広範囲に拡散しています。

 

  • サブ1
    被写体の裏側から斜めに掠るように光を当てます。
    この光がカメラのレンズに向かうくらいの配置でいいです。
    フレアが出る可能性もありますが、狙って出すフレアなら問題ないです!

 

  • サブ2
    これが重要なストロボです。
    どこにあるか、というとすかしカーテンの裏側に注目

    f:id:poke4wd:20180504220608j:plain

    これですw
    こいつをカーテン内で発光させることで窓の外の光を表現します。

 

この4つを組み合わせることでどうなるか?

こんな感じになります。

f:id:poke4wd:20180504221307j:plain

 

f:id:poke4wd:20180504221514j:plain

どうでしょうか。

午前中の教室内の雰囲気が出てますかね?

 

自然光が入るスタジオならメイン1本で撮影できますが、シミュレーションして作り出すとこれだけ大掛かりに(^^;

でもやってみる価値はあると思います♪

 

すかしカーテンがない場合は、窓の外から照射させる感じで。

真っ直ぐ入れるか、斜めから入れるかは環境によって変えていきながらセッティングしてください。

 

ではでは。




 

ブロトピ:今日の写真日記