ODNの最強流写真館

写真の撮影記や撮影ノウハウなど

ポートフォリオを作ろう01

ポートフォリオってご存知でしょうか。

写真家が撮影した写真をアルバムのようにまとめて持ち歩いたりしたもので。

営業に使う写真集のようなものです。

 

最近はWebがありますので、サイトで公開が主流だと思います。

あたしも写真家としていろいろやっていく必要がでてきたので、いまいろいろ作成しているところです。

 

どんなサイトにしようか、などの案はあるのですが、形にするのはなかなか難しいですね・・・

WordPressで作成しているのですが、難しい・・・(^^;

 

なのでまだブログ上でこんな感じのものを撮影してますよ、という感じで少し先行公開しておきます。

 

まずは浅草で撮影したお写真を。

f:id:poke4wd:20190812231846j:plain

f:id:poke4wd:20190812231902j:plain

f:id:poke4wd:20190812231915j:plain

f:id:poke4wd:20190812231931j:plain

f:id:poke4wd:20190812231946j:plain

f:id:poke4wd:20190812232004j:plain

f:id:poke4wd:20190812232021j:plain

f:id:poke4wd:20190812232039j:plain

前半は夏っぽさを重視し、最後の二枚は少し夕方っぽくなってるかな。

 

現像はRawtherapeeを使っていて、ウォーターマーク以外にフォトショップのなどの編集は入れていません。

 

フォトショがダメ、ってわけじゃないです、めちゃくちゃ使って作業していますがw

自分の作品としてのポートレート関連はできるだけ現像以上の手は入れない方向で行きたいのです。

なんとなく、自分の写真と言えるものの答えがそこにあるような気がしているのです。

 

ちなみにこの8枚の写真の中でストロボを使っている写真が2枚あります。

わかりますかね?

 

ではでは。




 

ブロトピ:今日の写真日記

【レビュー】KAMLAN 50mm F1.1 その1【レンズ】

今回は久しぶりにおもしろレンズを購入したのでレビューしてみます。

 

脅威のF1.1レンズ

購入したのはこちら。

f:id:poke4wd:20190529002613j:plain

Kamlan 50mm F/1.1www.sainsonic.com

 

このレンズは台湾のメーカーのサインソニックが発売しているレンズ。

F1.1という大口径レンズ!これはなかなかないですよね。

純正でこんなレンズ購入したらとんでもない価格になってしまう。

(たとえばライカのNOCTILUX-M F0.95/50mmとか、150万くらいじゃなかったかな・・・)

 

なんとこのレンズ、アマゾンで2万円ちょい買えますw

ちょっとわらっちゃうくらい安いw

(ちなみにAPS-C用のソニー、フジ、キヤノンM用のマウントがあります。)

これは革命的では。

でもこのお値段、そして中華製、と考えるだけでプアなレンズだろうな、と思うと思うんです。

いろんなレビューがあるのですが、どこもそこまで評価はよくない

 

ただ海外サイトではけっこう評判よくて

www.ephotozine.com

こことか。

なのでちょっとお試しに購入してテストしてみました。

 

サンプル写真 

まずは撮影した写真をいくつか。

f:id:poke4wd:20190529000050j:plain

f:id:poke4wd:20190529000116j:plain

f:id:poke4wd:20190529000145j:plain

f:id:poke4wd:20190529000255j:plain

f:id:poke4wd:20190529000331j:plain

f:id:poke4wd:20190529000356j:plain

f:id:poke4wd:20190529000429j:plain

f:id:poke4wd:20190529000458j:plain

・ボケはかなり綺麗

少し前ボケ硬い感じだけど後ろはふわりといい感じ

 

・オールドレンズ感

これが嬉しい人にはかなり好ましい感じ。

フリンジも口径食もあるけど、そこまで気にならない、雰囲気のある感じでいい

 

4隅の光量落ちと写り

これが良くないと聞いたのですが、上記写真見るかぎりそこまででもなくね?と。

と思ったんですが、このレンズってAPS-C用に設計されてるんですよね。

それをフォーサーズ用にマウント変えてるだけで。

なのでフォーサーズだとレンズの美味しいとこだけ使えるんですな。

図にするとこんな感じ。

f:id:poke4wd:20190529004325j:plain
レンズの中央付近の性能のいいところだけを使えるんですね。

これはフォーサーズの強みだなぁ。

レンズ設計に余裕を持てるのだ。

 

ちなみにこの写真は全てF1.1で撮影無加工撮って出しです。

カメラ側設定でコントラストとシャープネスを1上げて撮影してます。

 

ボケ感と被写界深度

次に絞りを変えて被写界深度を確認。

F1.1

f:id:poke4wd:20190529000607j:plain

F2

f:id:poke4wd:20190529000634j:plain

F2.8

f:id:poke4wd:20190529000659j:plain

F4

f:id:poke4wd:20190529000726j:plain

F5.6

f:id:poke4wd:20190529000750j:plain

F8

f:id:poke4wd:20190529000817j:plain

F16

f:id:poke4wd:20190529000850j:plain

なぜかF11がないけどw

絞りリングクリックレスF値で固定されない作りなんです。

たぶん動画撮影なんかで使いやすくしてるのかなぁ。

なのでメモリがないとこは適当にやる感じで撮影するしかないんだけど、これも面白いとこかも?

 

フレア、ゴースト

あとはフレアとゴースト。

f:id:poke4wd:20190529000920j:plain

f:id:poke4wd:20190529000941j:plain

f:id:poke4wd:20190529001002j:plain

 

まぁそのなんだ、凄まじいですw

フード付けててこれですからハレ切り必須かも。

でもオールドレンズっぽく、これを活かした撮影するのも楽しいだろうね。

(このレンズ自体はオールドところか2019年発売の新製品だけどw)

 

総論として

とても面白いレンズです、これ。

  • フォーサーズが苦手なボケを手軽に扱える
  • 写りも全然問題ない
  • オールドレンズっぽい撮影も可能
  • 絞りリングのクリックレスは人によって好き嫌いある
  • フルメタルなので小さいけど重い(248g)

個人的には欲しかったレンズ、と言えるかもです。

以前紹介したオールドレンズのNFD 50mm F1.4もいいんですが、フードがねじ込み式のものしかなく。

フィルターとフードが同時に使えなかったんです。

これなら植物マクロが太陽の下でも扱えそう

 

今度はポートレートも試してきますね♪

ではでは。




 

ブロトピ:今日の写真日記